ウイルス対策⑤

医療用手袋の役割

医療従事者が手袋を着用する目的は、血液や体液、注射針やメスなどを介した感染・汚染リスクから医療従事者を守ること、医療従事者の手指を介して患者様に汚染物質が及ぶのを防ぐこと、そして医療現場の施設や物品が汚染されるリスクを減らすことにあります。

当院は患者様の感染予防対策として医療機器認定手袋(グローブ)を使用しております。

池田歯科医院|埼玉県小川町

地元の埼玉県比企郡小川町で開業してから20年。

お子様からお年寄りまで、みなさまの歯の健康を大切にしながら、今日も1人ひとりに、笑顔で丁寧な診療を心がけております。

「歯が痛い」「歯がしみるな・・・」と感じたときは、お早めにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

メダカがいます

次の記事

年末年始のお知らせ